コレステロールを下げるには野菜がおすすめ

健康診断や血液検査を受けて、コレステロール値が
高いと指摘されてしまった!

悪玉コレステロールが高かった!

こんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

特に、40代以降は、コレステロール値が高くなってくる
年齢でもあるので注意が必要です。

◆コレステロールを下げるためにできること

コレステロール値が高いと注意される人は
結構いらっしゃるので、ちょっとくらい自分も
コレステロールが高いくらい大丈夫だと、
あまり気に留めない人も少なくありません。

でも、高コレステロールを何もせず放置しておくと、
動脈硬化が進行して、命に関わるような脳梗塞や
心筋梗塞などの原因にもなりかねません。

なので、コレステロール値が高いと分かったら、
すぐにでも、コレステロールを下げるには
どうすればよいのか?真剣に考えることが大切なんです。

コレステロール値は、食生活や運動習慣と深く関わって
きますから、日々の生活習慣を改善しなければなりません。

これまで、食生活が乱れていた方ほど、食生活を
改善することでの効果は現れやすいので、食習慣が
乱れていた人は、第一にここを改めてみましょう。

では、どういった食品を食べればコレステロールを
下げることができるのでしょうか?

野菜は健康に良くて、コレステロールを下げる効果も
あると言われますが、具体的にどういった野菜が
コレステロールを下げる食品として効果的なのでしょうか?

この記事では、野菜について詳しく調べ、まとめました。

高コレステロールだと分かって、食生活を改善したい
と思われている皆さん、ぜひご覧いただき、参考にされて下さい。

◆野菜がコレステロールを下げる食品としてお勧め

特に緑黄色野菜がコレステロールを下げる食品として
積極的に摂りたい野菜と言えます。

また、食物繊維やビタミンたっぷりの野菜も、
コレステロールを下げる食品として積極的に
摂るようにしたいものです。

◇キャベツやシイタケ

キャベツやシイタケには、食物繊維がたっぷり含まれていて、
非常に健康に良いとされています。

この食物繊維が、コレステロールを下げるのに効果的だと
されているんですが、なぜなのでしょうか?

食物繊維は、腸内のコレステロールを一緒に体外に
排出させる働きを持つからです。

また、体内に吸収されるコレステロールの量を減らす
作用もあるため、コレステロールを下げる食品として
効果的だとされているのです。

現代の食事は欧米化して、なかなか和食を食べる機会が
減ってきているかもしれませんが、和食中心の食事を
心がけると、コレステロールを下げる野菜を多く
取り入れやすいため、意識してみて下さい。